当オフィスでは、ファイナンシャルプランナーならではの視点から
「終活」という分野と向き合い、FP業務に取り組んでいます。
終活こそ、葬儀、介護、年金、保険、相続、家族信託、財産管理、成年後見など、
たくさんの「お金」が関わります。
だからこそ世代をまたいだ包括的な「お金」の答えを導き出します。
それがFPオフィス結-Yui-の役割です。

当オフィスでは、ファイナンシャルプランナーならではの視点から 「終活」という分野と向き合い、FP業務に取り組んでいます。 終活こそ、葬儀、介護、年金、保険、相続、家族信託、財産管理、成年後見など、 たくさんの「お金」が関わります。 だからこそ世代をまたいだ包括的な「お金」の答えを導き出します。 それがFPオフィス結-Yui-の役割です。

理念 | Philosophy

終活→生活とは

ある日ふと気づくのです。自分の人生にはいつか終わりが来るのだと。
きっかけはそう、親しい人の死だったかも知れませんね。
遠いものだった死が身近に感じられて、少し物思いにふけったりします。
自分が今突然いなくなったら、家族は、友人は、仕事仲間は、どうするのだろう。
驚いたり悲しんだりするのかな。
自分がいなくなった世界を思い描いたりします。

どんなに願っても、死の瞬間に人生の総決算がされて、そこから足すことはできない。
そして人々の脳裏に自分の人生が焼き付けられる。
その瞬間に悔いが残らないように。
いい人生だったと笑顔で逝けるように。
今をどう生きるかを考えることが、終活→生活です。

人生の岐路に立つ

今まさに、あなたは人生の岐路に立っています。
過去を振り返り、今の自分を見つめ、これから歩く道を見渡しましょう。
死を見つめていた自分が、よりよい人生を生きるために動き出したことに気づくでしょう。

「人に迷惑をかけない」ではなく、「お互いさま」と言える温かさ

人はひとりでは生きられない。「人に迷惑をかけない」ではなく、
「お互いさま」と言える温かさが大切かなと思うのです。

終活をする目的でよく聞くのが「人に迷惑をかけないように準備する」
これってつまり、自分にも迷惑をかけないでねってことにもなりますね。
それでは、なんだかさみしい。
何もできない赤ちゃんの世話をすることを、誰も迷惑って思わない。
多少の迷惑は、お互いさまって思った方が生きやすいって思うのです。

でも、負担も大きくなると重荷になって相手の人生を壊してしまうことになるから、上手に迷惑かけましょう。

自分でやっておいた方がいいことは、やっておく。
お願いすることは、頼んでおく、または任せる。
この整理をするのが終活です。

ひとりでは難しいなと思ったら

最期まで自分らしく、周りの大切な人たちの負担を少しでも軽くするために今の自分に何ができるか思いを巡らせてみましょう。
何から手を付けたらいいのか迷ったり、ひとりでは難しいなと思ったらお声かけください。

終活の主役はあなた自身、その悩みに耳を傾け、
現状を整理し、一緒に解決していきます。

終活→生活とは

ある日ふと気づくのです。自分の人生にはいつか終わりが来るのだと。
きっかけはそう、親しい人の死だったかも知れませんね。
遠いものだった死が身近に感じられて、少し物思いにふけったりします。
自分が今突然いなくなったら、家族は、友人は、仕事仲間は、どうするのだろう。
驚いたり悲しんだりするのかな。
自分がいなくなった世界を思い描いたりします。

どんなに願っても、死の瞬間に人生の総決算がされて、そこから足すことはできない。
そして人々の脳裏に自分の人生が焼き付けられる。
その瞬間に悔いが残らないように。
いい人生だったと笑顔で逝けるように。
今をどう生きるかを考えることが、終活→生活です。

人生の岐路に立つ

今まさに、あなたは人生の岐路に立っています。
過去を振り返り、今の自分を見つめ、これから歩く道を見渡しましょう。
死を見つめていた自分が、よりよい人生を生きるために動き出したことに気づくでしょう。

「人に迷惑をかけない」ではなく、「お互いさま」と言える温かさ

人はひとりでは生きられない。「人に迷惑をかけない」ではなく、
「お互いさま」と言える温かさが大切かなと思うのです。 終活をする目的でよく聞くのが「人に迷惑をかけないように準備する」
これってつまり、自分にも迷惑をかけないでねってことにもなりますね。
それでは、なんだかさみしい。
何もできない赤ちゃんの世話をすることを、誰も迷惑って思わない。
多少の迷惑は、お互いさまって思った方が生きやすいって思うのです。

でも、負担も大きくなると重荷になって相手の人生を壊してしまうことになるから、上手に迷惑かけましょう。

自分でやっておいた方がいいことは、やっておく。
お願いすることは、頼んでおく、または任せる。
この整理をするのが終活です。

ひとりでは難しいなと思ったら

最期まで自分らしく、周りの大切な人たちの負担を少しでも軽くするために今の自分に何ができるか思いを巡らせてみましょう。
何から手を付けたらいいのか迷ったり、ひとりでは難しいなと思ったらお声かけください。

終活の主役はあなた自身、その悩みに耳を傾け、
現状を整理し、一緒に解決していきます。

ロゴコンセプト | Logo concept